/

J1神戸の酒井選手陽性 新型コロナ、J選手で初

(更新)
J1神戸の酒井高徳選手=共同

サッカーのJ1神戸は30日、DFの酒井高徳選手(29)が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性反応が出たと発表した。Jリーグの選手で感染が確認されたのは初めて。感染経路は不明。酒井選手はクラブを通じ「サポーターの皆さん、スタッフ、その家族やご友人に、不安やご迷惑を掛けてしまい本当に申し訳ありません」などとコメントした。

神戸によると、酒井選手は25日の夜中から38度の発熱で体調不良を訴え、26日に兵庫県内の病院で「急性上気道炎」と診断された。翌日も熱が38度まで上がり、頭と喉に痛みがあった。28日にはにおいを感じないなどの症状があったため、医師の助言により兵庫県内の病院でPCR検査を実施、30日午後に陽性と判定された。現時点で、他の選手、スタッフに新型コロナウイルス感染症や風邪の症状などがある者はいない。

クラブは30日午後6時すぎからオンラインで立花陽三社長、三浦淳寛スポーツダイレクター(SD)が記者会見した。立花社長は「Jリーグおよびファンの皆さまにご迷惑、ご心配をお掛けすることになり大変申し訳ありません」と陳謝した。

三浦SDの説明では、酒井選手は現在、平熱に戻ったものの嗅覚や味覚が改善されていない。クラブは発熱から2週間前までの同選手の行動を把握し、濃厚接触者の可能性がある人物をリストアップした。公式戦中断期間に練習試合で対戦したチームにも報告したというが、詳細は明らかにしなかった。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、Jリーグは2月下旬から公式戦を中断しており、J1は5月9日の再開を目指している。神戸は4月6日までチームが休みとなっており、今後のスケジュールはチームドクターや所管の保健所と相談の上で決める。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン