辺野古埋め立て地のサンゴ採捕で審査申し出、沖縄県

2020/3/30 19:00
保存
共有
印刷
その他

沖縄県は30日、米軍普天間基地(宜野湾市)の移設先、名護市辺野古の埋め立て予定海域で見つかった小型サンゴ類について、移植のため特別採捕を許可するよう江藤拓農相が是正指示したことを不服として、総務省の第三者機関「国地方係争処理委員会」に審査を申し出た。

防衛省沖縄防衛局は昨年、計約3万9600群体の特別採捕許可を沖縄県に申請した。県によると、農相は3月7日までに許可するよう求めたが、県は水産資源保護の観点から審査中で判断に至っていないなどと回答していた。

玉城デニー知事は県庁で記者団に「県の対応は正当で、是正指示を受けるいわれはない」と述べた。県は、埋め立て予定海域にある軟弱地盤の改良に伴う環境保全措置などについて、沖縄防衛局から十分な説明がなされておらず、審査が継続中だと説明した。

一方で県は、辺野古を巡る訴訟の一つが係争中だったことを理由に判断しないことにしていたが、同訴訟は26日の最高裁判決で県の敗訴が確定した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]