/

この記事は会員限定です

インド、罰金は給与2カ月分 脱プラに挑むアジア(1)

レジ袋削減、新興国が先行

[有料会員限定]

国際的な課題となっている海洋プラスチックごみ(廃プラ)削減の一環で、日本で7月から石油由来のレジ袋の有料化義務付けが始まる。実はレジ袋削減はアジアの新興国が先行している。先進国に比べ環境意識が遅れているとされるアジア各国がなぜ脱プラに挑んでいるのか。取り組みと実情と背景を追う。

「プラスチック製レジ袋にノーと言おう」。タイ・バンコクの食品スーパーではレジ袋削減を呼びかける看板が目立つ。大半の買い物...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1162文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン