米家計資産1~3月12兆ドル減 リーマン危機上回る
消費に打撃不可避

2020/3/30 19:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=後藤達也】米家計の金融資産が株価急落で急減している。1~3月の減少額は12兆ドル程度(約1300兆円)となった。リーマン・ショック前後の1年半に失った額を上回る規模だ。新型コロナウイルスのまん延で米国では失業も急増。米家計は資産運用と雇用の両面で痛手を負う。新型コロナの流行が長引けば個人消費への打撃は避けられない。

米家計の金融資産は株式が2割、投資信託が1割を占める。年金も含め…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]