/

東京五輪、21年7月23日~8月8日開催へ

(更新)
IOCと政府、東京都、大会組織委員会は五輪の開催日程を2021年7月23日~8月8日とする方針を固めた=ロイター

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて延期となった東京五輪を巡り、国際オリンピック委員会(IOC)と政府、東京都、大会組織委員会は30日、新たな五輪の開催日程を2021年7月23日~8月8日とすることで合意した。パラリンピックは同8月24日~9月5日と決まった。

30日夜、IOCのバッハ会長と組織委の森喜朗会長、都の小池百合子知事、橋本聖子五輪相らが電話会議で合意に至り、IOCの臨時理事会で承認された。

五輪は延期前の20年7月24日~8月9日と同じ17日間で、金曜日に開会式、日曜日に閉会式を行う日程を維持する。大きく時期を変えないことで、今夏に向けて策定した大会計画をベースに準備を進めることができる。

一部の国際競技団体からは暑さ対策などの観点で春開催とする案も出ていたが、森会長は電話会議後の記者会見で「新型コロナなどの状況を勘案すると1年延期の夏開催が望ましい。台風や暑さは20年開催でも想定されたこと」と説明した。

小池氏は「アスリートや観客にとって安心、安全な大会にするために改めて準備を進めたい。まずは新型コロナウイルスに打ち勝たないといけない」と述べた。五輪のマラソン・競歩については札幌市で開催されるとの見通しを示した。

組織委は、約8万人の大会ボランティアについて全員を継続採用する方針を明らかにしている。新日程では都合がつかない人が多い場合、再募集などの対応も検討する。

既に販売済みのチケットは原則としてそのまま利用可能とし、開催日程の変更によって来場できない人には払い戻しなどの対応をする方針だ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン