テレビ外交に限界あり 本音交わせぬ世界の首脳
本社コメンテーター 秋田浩之

秋田 浩之
Deep Insight
本社コメンテーター
2020/3/31 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの勢いが止まらない。米国の感染者数は中国を抜いて最多となり、欧州でもウイルスは大暴れである。アフリカなどへの広がりも心配だ。

こうしたなか、際立っているのが、各国による厳しい出入国の制限・禁止である。米欧日の行き来ですら同様だ。他の国々もこぞって追随しており、何らかの入国規制を敷いている国々は約170に達した。

人の往来にかぎって言えば、地球上はいま、主要な国々が国境を閉じ、「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋田 浩之

本社コメンテーター

外交・安全保障

長年、外交・安全保障を取材してきた。東京を拠点とし、北京とワシントンの駐在経験も。北京では鄧小平氏死去、ワシントンではイラク戦争などに遭遇した。著書に「暗流 米中日外交三国志」「乱流 米中日安全保障三国志」。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]