/

この記事は会員限定です

大阪→郊外、消える深夜バス 働き方改革や人手不足で

[有料会員限定]

終電後に大阪中心部から近郊のベッドタウンへの帰宅手段として活躍した深夜急行バスが相次いで姿を消している。すでに北摂や姫路方面の便が運行を取りやめ、今月末には奈良交通の「はんな号」も運行を終了する。働き方改革による残業減や飲み会需要減を背景に、利用者が減少していた。

はんな号は1990年に大阪・なんばから奈良県へ向け運行を開始した。関西では最も古い郊外向け深夜バスのひとつ。当初は平日夜、終電後に出発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り463文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン