「見る梅」から「食べる梅」へ、茨城で新ブランド育成
北関東フォーカス

2020/3/30 17:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

観梅スポットが多い茨城県で梅を使った食品の開発が広がっている。漬物を取り扱う食品企業は県産の梅を使った商品づくりでブランド化を目指す。食味を工夫したり、用途を開発したりするなど、客層を広げる試みも進む。茨城は「見る梅」が有名だが、行楽需要は外部要因に左右されやすい。「食べる梅」を発信できれば、県の魅力向上に一役買いそうだ。

水戸の「ふくゆい」を全国区に――。ふくゆいは水戸市農業技術センターが地元…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]