/

この記事は会員限定です

「森の英雄」になった牡蠣漁師 畠山重篤さん

NPO法人「森は海の恋人」理事長

[有料会員限定]

宮城県の牡蠣(かき)漁師、畠山重篤さんが「森は海の恋人」を合言葉に植樹活動を始めて30年余り。森、川、海を一体の自然として守る――。日本を超え、世界に広がった活動の原点は、畠山さんの元に届いた牡蠣たちの「悲鳴」だった。

「私はね、牡蠣語ができるんですよ」。普段は殻を固く閉ざす牡蠣も、この人にかかると口がつい緩んでしまうのか。畠山さんが牡蠣に注いできた愛情を思えばあながち冗談に聞こえない。

1989...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3417文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経独自の視点で、ファッション、グルメ、アート、カルチャー、旅など上質感のあるテーマをカバー。写真を大胆に使った美しいビジュアルで、読者の知的好奇心を刺激します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン