/

韓国、新型コロナ支援金8千億円 4人世帯に9万円

【ソウル=細川幸太郎】韓国政府は30日、全世帯の7割にあたる1400万世帯に最大100万ウォン(約9万円)の緊急災難支援金を支給すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う景気低迷の対応策として地域商品券などを用意する。高所得層を除く世帯へ人数に応じて一律支給し、単身40万ウォン、4人以上に100万ウォンを給付する。総額で9兆1000億ウォン(約8000億円)になる。

4月15日の総選挙後に補正予算案を国会で通過させ、早ければ5月上旬にも支給する計画だ。有効期限のある地域限定の商品券や電子マネーの形で全国の家庭に給付し、いち早く地域経済の活性化につながるように支援制度を設計するという。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は30日の緊急経済会議で「すべての国民が苦痛と努力に対して補償を受ける資格がある」と話し支援金の支給を決めた。対象外とした高所得世帯には「政府も財政余力を保つ必要があり、所得が少ない方のために譲ってほしい」と呼びかけた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン