日医幹部、首都圏「緊急事態宣言してよい状況」

2020/3/30 17:16
保存
共有
印刷
その他

日本医師会の釜萢敏常任理事は30日、拡大が続く新型コロナウイルス感染症について、個人的な意見として「爆発的に患者が増えてから緊急事態宣言を出しても手遅れだ。もう発出してよい状況ではないか」と述べた。対象地域について「現状では東京だけでなく周辺の県も危機的状況が近い」とした。釜萢氏は宣言を提言する政府の諮問委員会のメンバー。

日医が30日に開いた記者会見で見解を示した。緊急事態宣言は感染症の専門家らによる諮問委員会が要件を満たすと提言すれば、安倍晋三首相が宣言する。

釜萢常任理事は会見で「個人的には、もう発出してもらい、それに基づいて対応すべき時期だと思う。しかし宣言によるインパクトは大きいので総合的な判断が必要だろう」と述べた。

新規の感染者数が増えていることなどに加え、東京都内では病院に入院できる余力が限られてきていることが念頭にある。釜萢常任理事は「急激に感染が拡大すると病院に収容しきれなくなる」と危機感を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]