長野県松本市 新型コロナで 医療・経済の専門者会議

2020/3/30 17:01
保存
共有
印刷
その他

長野県松本市の新市長に就いた臥雲義尚氏は30日の会見で、新型コロナウイルスへの対応を一段と強化する考えを示した。来週にも医療や観光などの現場で活動する人たちを集めた会議を設置。国の支援制度への市としての上乗せなど独自施策の検討に生かす。

臥雲義尚・松本市長

新設する「新型コロナウイルス感染症対策専門者会議」には医療福祉、子ども教育、経済観光の3つの部会を設置。医師や観光関係者などそれぞれ数人から10人弱のメンバーを集める。臥雲市長は「それぞれの分野の現場に近い人たちに集まってもらって要望などを聞き、政策にフィードバックしたい」と話した。

さらに、臥雲市長は「飲食や宿泊関連を中心として非常に厳しい状況に置かれている方々がいる」と強調。松本市として融資や助成などの支援をどう進めるかを早急に詰めたいとした。新たな財政出動を伴う場合は補正予算も必要になるとの考えを示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]