/

この記事は会員限定です

波乱に乗じる順張りマネー 二番底懸念が変動増幅

証券部 大西康平

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で世界の株式市場が揺れるなか、相場変動を増幅させる「順張り」の投資マネーが勢いづいている。一方通行の値動きにかける投資信託が抜群の成績をあげているほか、レバレッジ型の上場投資信託(ETF)の純資産額も急増。二番底に備えるオプション取引も活況で、「波乱自体が波乱の火種になる」という悪循環が続いている。

世界的な連鎖株安が加速した3月に、3割強値上がりした公募投資信託がある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1159文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン