/

この記事は会員限定です

中田英寿氏が語る 客員教授になる理由 将来は開校も

[有料会員限定]

4月1日付で立教大学経営学部の客員教授に就任し、9月から講座「日本文化の世界戦略」(半期14回)を担当することになった元サッカー選手の中田英寿さん(43)が日本経済新聞の単独インタビューに応じた。中田さんは同講座を「経験や知識をシェアし、若い世代の考え方を学ぶ場」と位置づけ、将来は日本文化に関する学校を独自に創設する構想も膨らませる。客員教授を引き受けた経緯や講座の運営方針のほか、自らの学生時代、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3099文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン