/

「海猿」漫画家側の請求棄却 アマゾン読み放題の削除巡り 東京地裁

電子書籍読み放題サービス「キンドル アンリミテッド」への提供作品が一方的に削除され、得られる利用料が減ったとして、漫画家の佐藤秀峰さん側がサービスを提供する米法人「アマゾン・サービシズ・インターナショナル・インク」に約2億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(中村心裁判長)は30日、請求を棄却した。

佐藤さんは「海猿」「ブラックジャックによろしく」で知られる人気漫画家。自らが代表を務める制作会社が提訴した。

佐藤さん側は利用料の条件変更に応じなかった結果、同サービスから提供作品が削除されたと主張していた。ただ、アマゾン側とは取次業者が仲介しており、佐藤さん側はアマゾン側と直接契約していなかった。

中村裁判長は判決で、佐藤さん側が取次業者と交わした契約には、アマゾン側に提供作品を配信するよう業者に義務付ける規定はなかったと指摘。「利用料の支払い義務も認められない」と判断した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン