/

この記事は会員限定です

浮かんだのはマック、外食株に映るコロナの波形

証券部 田辺静

[有料会員限定]

「マクドナルド」「吉野家」といった外食チェーンを揺るがす大波となった新型コロナウイルス。主要各社の株価をたどると、1月下旬まで多くの日本人にとって対岸の火事だった感染が国内に広がり、休校措置や外出自粛に至ったコロナの「波形」が読み取れる。仮に感染爆発が起これば、株価はさらに大揺れになりそうだ。

コロナ相場でまず1月下旬に売られたのは、吉野家ホールディングスサイゼリヤなどだ。吉野家HDはコロナの震源地となった湖北省武漢市を含めて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1502文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン