浜松のマルト神戸屋、特産うなぎいも使ったパン発売

2020/3/30 14:07
保存
共有
印刷
その他

パン・洋菓子製造のマルト神戸屋(浜松市)は4月1日、浜松特産のサツマイモ「うなぎいも」を使ったパン「静岡県産うなぎいもあん&マーガリン」(税別138円)を発売する。うなぎいも協同組合(同市)と協力し、うなぎいもを使ったあんをパンに混ぜた。まず遠鉄ストアの店舗で販売し、5月以降に県内の他のスーパーにも広げる。5月以降に月間10万個の販売を目指す。

神戸屋が売り出す地元特産のうなぎいも(写真上)を使ったパン

うなぎいもはウナギの頭や骨などを肥料に栽培したサツマイモ。白あんをベースにうなぎいもを混ぜ、丸パンに詰めた。塩味のあるマーガリンも加え、あんの濃厚な甘さを引き立てた。開発は2020年1月から始め、パンの選定や具材の改良のため試行錯誤を重ねたという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]