/

平時の生活、半年以上先か 英、段階的な制限解除

【ロンドン=共同】英医療・保健当局のハリーズ副首席医務官は29日、政府の定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大阻止のために導入した外出制限が解かれ、国民が平時の生活に戻るのは半年以上先になるとの見解を示した。

英国のハリーズ副首席医務官は29日、外出禁止の解除は「段階的」にすべきだと述べた=ロイター

ハリーズ氏は、現行策で患者の急増を抑え込めたかどうかが判明するのは2、3カ月後だと説明。国民が、その後すぐに元の生活に戻れば第2のピークを招きかねず「危険だ」と強調、3週間ごとに状況を見直しながら「段階的」に制限を解いていくとの見通しを示した。

自らも感染、自主隔離しながら公務を続けるジョンソン首相はツイッターに国民向け動画メッセージを投稿。感染症患者の急増を受け、引退した医師や看護師ら計2万人が現場復帰を表明したほか、高齢者らに薬を届けるなどのボランティアに計75万人が登録したと明らかにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン