/

マニラ空港で小型機炎上 羽田に向け離陸中、8人死亡

(更新)

【マニラ=遠藤淳】フィリピンの航空当局によると、首都マニラの空港で29日夜、患者と医療関係者らを乗せて羽田空港に向かう予定だった小型ジェット機が離陸途中に炎上した。火はまもなく消し止められたが、乗員と乗客の8人全員が死亡した。患者はカナダ人とみられ、在フィリピン日本大使館によると、搭乗者名簿に日本人とみられる名前はない。

炎上した小型機は、フィリピンのチャーター機運営会社のライオン・エアーが運航。ニノイ・アキノ国際空港で離陸に向けて滑走路を走行中に炎上し、機体が火に包まれた。消防などが現場に駆けつけ、消火した。

乗客らは医療目的で日本に向かっていたといい、患者とみられるカナダ人のほか、米国人が搭乗していた。患者の病名はわかっていない。乗員と医療関係者の計6人はフィリピン人だという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン