入社式、分散開催で安全確保 複数会場やネット活用

就活
2020/3/29 21:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染が広がるなかで、入社式を開く企業は安全確保に知恵を絞っている。一堂に集まらず人数や場所を分け、ネットを活用する「分散開催」が多い。ノジマは全国33カ所で実施し、パナソニックは新入社員の自宅のパソコンに社長の訓示を届ける。工場休止などが広がる「有事」でも、経営について理解を促し、やる気を引き出す貴重な機会として生かそうとしている。

電機や小売り、サービスなどの主要企業96社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]