/

トランプ氏、NY州などから他州への移動規制案を撤回

(更新)
国内の移動制限について記者団に語るトランプ大統領(28日、ワシントン)=ロイター

【ワシントン=中村亮】米疾病対策センター(CDC)は28日、新型コロナウイルスの感染拡大が続く東部ニューヨークやニュージャージー、コネティカット各州の住人に対して今後14日間にわたり他州への不要不急の移動を控えるよう勧告した。3州から他州への感染拡大を抑える狙いだ。一方でトランプ大統領が検討を表明していた強制力を伴う移動規制の導入は見送った。

トランプ氏は28日、ツイッターでホワイトハウスの新型コロナ対策本部や3州の知事と協議した上で「強力な移動勧告」を発出することになったと説明。移動規制に関しては「不要だ」として、当初の考えを撤回した。

ツイッターに先立って、トランプ氏は28日、ホワイトハウスで記者団に対し、ニューヨークに住んでいた多くの人が南部フロリダ州に移動したと指摘。「望ましくないことだ」と語り、全米に新型コロナの感染が広がる原因になりかねないとの懸念を示した。移動規制について「強制力を伴う」と強調し「導入したくないが必要かもしれない」と指摘していた。

これに対し、ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は28日のCNNテレビのインタビューで移動規制に関して「違法だ」と猛反発。「それは無秩序状態をつくり出し大混乱を引き起こす」「州に対する連邦政府の宣戦布告だ」と断じ、トランプ氏を強く批判していた。

ホワイトハウスはすでにニューヨーク市周辺から米国の別の地域に移動した人に対し、14日間の自主隔離をするよう要請している。州別でニューヨーク州は全米で感染者が最も多い。

ニューヨークの新型コロナ対策に関連し、トランプ氏は28日、南部バージニア州の米軍基地を訪れ、ニューヨークに向かう海軍の病院船「コンフォート」の出発式に出席した。トランプ氏はあいさつで「卓越した船員たちがニューヨーク都市部のために(患者の)受け入れ能力を飛躍的に向上させる」と強調した。コンフォートは30日にニューヨークに到着する。維持改修を前倒しして到着を3週間早めた。

コンフォートは新型コロナ以外で入院中の患者などを受け入れ、ニューヨーク市内の病院が新型コロナの患者の治療に専念できる環境をつくる。コンフォートは1000床のベッドを備え、12の手術室もあり、約1200人の医療関係者が任務にあたる。これとは別に陸軍はニューヨークで2つの仮設病院の建設を進めており、来週初めの開院を予定している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン