東京ムーブメント

フォローする

五輪開幕、21年7月有力 組織委やIOC調整へ

2020/3/28 22:14
保存
共有
印刷
その他

国立競技場の近くに設けられた五輪マークのモニュメント(24日、東京都新宿区)

国立競技場の近くに設けられた五輪マークのモニュメント(24日、東京都新宿区)

1年程度の延期が決まった東京五輪の開催時期をめぐり、2021年7月開幕の日程案が有力になっていることが28日、関係者への取材で分かった。国際オリンピック委員会(IOC)や大会組織委員会などが調整を続けている。組織委の森喜朗会長は28日、民放のテレビ番組に出演し「この1週間で詰め切って、来週中には何らかの結論を出したい」と話した。

森会長は開催日程について「夏ということだから、6月から9月の間と考えていいんじゃないか」とも発言。ボランティアの確保や五輪予選の実施が課題になるとして「できるだけ準備期間を長く置いた方がいい」との考えを示した。

今年の7月24日に開幕予定だった東京五輪は新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、安倍晋三首相とIOCのバッハ会長が24日の電話協議で1年程度の延期で合意した。組織委は新たな開催日程を、準備を進めるうえでの優先事項と位置づけIOCなどとの調整を続けていた。

IOCが26日に開いた各国際競技連盟(IF)との電話協議では、酷暑を避けたい考えから春開催を望む意見が複数のIFから出た。ただ、米国の人気プロスポーツと日程が重なる恐れがあるほか、新型コロナの収束が見通せない中で夏より前倒しすることには慎重な意見が根強い。代表選手を決める予選を消化するのに十分な期間を確保できない可能性もある。

夏開催の場合、今夏に向けて準備していた従来の計画を活用しやすくなるほか、米国の人気プロスポーツは多くがオフシーズンだ。21年夏には福岡市で水泳の世界選手権、米国で陸上の世界選手権がそれぞれあり、日程調整が必要となる。

ワールドアスレチックス(世界陸連)のセバスチャン・コー会長は五輪の延期を受けて、柔軟に日程を調整する意向を示している。

東京ムーブメントをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする
英アストラゼネカのワクチンは9月の実用化をめざすロイター

 加藤勝信厚生労働相は7日、英製薬大手アストラゼネカが開発を進めている新型コロナウイルスのワクチンについて、1億2千万回分の供給を受けることで基本合意したと発表した。供給は2021年初めに始まり、3月 …続き (8/7)

安全点検のため一時的に撤去される五輪マークのモニュメント(6日午前、東京都港区のお台場海浜公園)=井上容撮影


 東京都立お台場海浜公園の海上に設置していた五輪マークのモニュメントが6日午前、撤去された。東京五輪・パラリンピックの延期に伴い、安全点検やメンテナンスを行う。再設置の時期について都の担当者は「点検後 …続き (8/6)

駐日米大使に指名されたケネス・ワインスタイン氏

 【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領が次の駐日大使に指名した保守系シンクタンク、ハドソン研究所所長のケネス・ワインスタイン氏(58)は5日、上院外交委員会の公聴会で証言した。「日米同盟の中でさらな …続き (8/6)

ハイライト・スポーツ

[PR]