新型コロナ治療薬「アビガン」承認へ 首相表明

2020/3/28 22:30
保存
共有
印刷
その他

インフルエンザ治療薬「アビガン」

インフルエンザ治療薬「アビガン」

安倍晋三首相は28日夜の記者会見で、新型インフルエンザ薬「アビガン」について「新型コロナウイルスの治療薬として正式に承認するにあたって必要となるプロセスを開始する」と発表した。「ウイルスの増殖を防ぐ薬であり、症状の改善に効果が出ているとの報告もある」と強調した。

アビガンには副作用も判明しているとも指摘した一方で「これまで数十例の投与がある」と説明した。「多くの国から関心が寄せられており、希望する国々と協力しながら臨床研究を拡大し、増産をスタートする」と明らかにした。

エボラ出血熱のために開発した「レムデシビル」に関しては「日米が中心となって国際共同治験がスタートしている」と語った。すい炎の治療薬「フサン」にも言及し「観察研究として事前に同意を得た患者への投与を始める」と述べた。

首相は「治療薬やワクチンの開発に向け大学や民間企業でも様々な動きが出ている。政府が力強く後押しする」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]