関電監査役会が専門委 新旧経営陣の責任追及

2020/3/29 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西電力の金品受領問題で、関電の監査役会が、経営陣に対して法的責任の有無を問う委員会を設けることが28日、関係者への取材で分かった。新旧取締役の行為が注意義務違反に該当するかを判断。取締役への損害賠償請求を視野に入れており、新旧の経営陣を対象に提訴が必要かなどについて議論する。

関電は14日、岩根茂樹前社長の後任に森本孝社長が就任した。監査役会は、経営とは独立して専門家でつくる委員会を創設する。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]