パラリンピック進化形

フォローする

五輪と一体で高まる関心 IPCの収入10年で3倍
パラリンピック・ブランド(上)

2020/3/28 18:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で延期されたのは東京五輪だけではない。1年先送りになったのはパラリンピックも同じだが、年々高まるパラアスリートたちへの関心はたやすく揺らぎそうにない。そのブランド価値を探ると――。

昨年10月、パラリンピックのマークにモデルチェンジが施された。ナイキのスニーカーのロゴ「スウッシュ」を3つ並べたようなシンボルで、「スリー・アギトス」と呼ばれる。

以前はばらばらだったマー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

パラリンピック進化形 一覧

フォローする
IPCが統括し、開催したパラ陸上の世界選手権(2019年、ドバイ)。IPCは現在、国際競技連盟(IF)が本来担う機能を切り離し、独立させる改革を勧めている。

高まる人気 迫られる改革 [有料会員限定]


 パラリンピック・ムーブメントの広がりとともに、国際パラリンピック委員会(IPC)も変革を迫られている。昨年10月、設立30周年に合わせて公表したのが「ガバナンス・レビュー」。1年半の議論の末にまとめ …続き (5/30)

IPCでただ一人の日本人常勤職員である篠原果歩さん(右)と、同じくIPCで働くアニカ・ゼーンさん

 パラリンピックは社会の多様性を体現するスポーツ大会だ。障害者というマイノリティーが主役となるだけでなく、その障害にもいろいろあることを、観客が目の当たりにして新たな価値観に気づく。
 大会を統括する国 …続き (5/27)

22年から国際パラリンピック委員会(IPC)の新本部となる旧州議事堂の建物(ドイツ・ボン)

 ドイツのボンにある国際パラリンピック委員会(IPC)の本部は、昔の推理小説に出てくるような「古い洋館」という形容がぴたりとあてはまる。玄関へのスロープ、地上3階地下1階を貫く大型エレベーターと完全バ …続き (5/26)

ハイライト・スポーツ

[PR]