首都厳戒ムード、渋谷も銀座も人影少なく 週末初日

2020/3/28 11:09
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの感染者急増を受け、首都圏一円で人の流れを抑えようとする動きが28日、始まった。東京都などが「オーバーシュート(爆発的な患者急増)を防ぐ重大局面」として不要不急の外出自粛を求めた週末初日。繁華街に人の姿は少なく、上野公園(台東区)などの花見の名所も一部規制され、首都は厳戒ムードに包まれた。

都内では27日まで3日連続で40人以上の感染が確認され、全国で最も多い計297人となり、感染経路が不明のケースが急増。小池百合子知事は25日に週末の不要不急の外出を避けるよう要請。26日には神奈川や千葉、埼玉など首都圏の知事が各県民に「東京への移動自粛」を求めた。

普段の週末なら若者らでごった返す東京・渋谷。駅前のスクランブル交差点は28日朝から人や車の通りが少なかった。若者向けのファッションビル「SHIBUYA109」や映画館、百貨店には「臨時休館」の張り紙が張られ、周辺は閑散とした様子だった。

渋谷の小売店に出勤した横浜市の男性(52)は「いつもの週末の朝よりも明らかに人出が少ない」と驚く。飲食店の男性店員(29)は「こんなにすいている渋谷は見たことがない」と話した。

都の外出自粛要請を受け、週末の営業を休止したファッションビル「SHIBUYA109」(28日午前、東京都渋谷区)

都の外出自粛要請を受け、週末の営業を休止したファッションビル「SHIBUYA109」(28日午前、東京都渋谷区)

千葉県柏市の男性会社員(20)は「友人と食事しようと思って来たが、開いてない店も多いので、もう家に帰る」。渋谷区の医院に勤める女性(38)は「感染の心配はあるが、医院が開くため出勤せざるを得ない。週末には150人ほどの患者を診るので、簡単には休めない」とこぼした。

平日でも買い物客や観光客でにぎわう東京・銀座では百貨店の松屋銀座が休業し、三越銀座店も通常より開店時間を遅らせた。宝石店や時計店、高級衣料品店も軒並み臨時休業となり、買い物客らの姿は少なかった。

外出自粛要請を受け、臨時休業することを知らせる松屋銀座の張り紙(28日、東京都中央区)

外出自粛要請を受け、臨時休業することを知らせる松屋銀座の張り紙(28日、東京都中央区)

20日からの3連休では花見の名所が多くの花見客でにぎわい、感染リスクへの意識低下を指摘する声があり、都は27日、都立公園などでの花見の全面自粛を求めた。特に多くの人が集まる上野公園や代々木公園(渋谷区)などでは一部通路をロープやテープを張るなどして通行止めにした。

サクラがほぼ満開になった上野公園では28日午前、花見客の姿は見られず、静かな空気が流れた。いつも通勤で桜並木を通る台東区の男性会社員(34)は「花見の時期は平日でも朝からにぎわう。こんなに人がいないのを見たのは初めてだ」と話した。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、封鎖された上野公園の「さくら通り」(28日午前、東京都台東区)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、封鎖された上野公園の「さくら通り」(28日午前、東京都台東区)

上野の商店街、アメヤ横丁では土産物屋や飲食店が店を開いているが、人通りはまばら。飲食店従業員の男性(51)は「先週の3連休は久々に客が増えたのに、上野公園の一部閉鎖で客足がぱったり減ってしまった。稼ぎ時なのに……」と声を落とした。

外出自粛要請で、営業を取りやめる店も見られた巣鴨地蔵通り商店街(28日午前、東京都豊島区)

外出自粛要請で、営業を取りやめる店も見られた巣鴨地蔵通り商店街(28日午前、東京都豊島区)

首都圏の外出自粛による「巣ごもり消費」に対応する動きも出ている。ガストなどを展開するすかいらーくホールディングス(HD)は食事宅配の体制を手厚くしている。1都3県で600店強あるデリバリー対応店に周辺の店舗の従業員を応援に回すなどして宅配要員を増員。通常はバイクだが、近隣には自転車や徒歩でも宅配している。飲食店からの宅配代行などを手がける出前館は、注文増に対応するため3月中旬の週末よりも人員を2割超増やした。

東京都が要請した外出自粛の初日、宅配で食事を届けるガスト関町店のスタッフ(28日、東京都練馬区)

東京都が要請した外出自粛の初日、宅配で食事を届けるガスト関町店のスタッフ(28日、東京都練馬区)

吉野家HDは牛丼店の吉野家で27日から持ち帰りの牛丼を税抜き価格で74円引きで販売している。税込み380円(持ち帰り時)の並盛は300円になる。28日と29日は郊外店などで行列ができる可能性もあるため、スマートフォンでの事前予約を呼びかけている。

ネット通販は活況を呈している。アマゾンジャパンの配送を受託している丸和運輸機関によると、26日以降、東京23区内でミネラルウオーターなどの配送が急増している。小中高が臨時休校になった2日から消費が拡大し、3月の取扱数は過去最高に迫る勢いで「昨年秋の大型台風の上陸前と似た状況」(同社)。

ただ、スーパーでは消費者の買いだめで品薄状態が続いている。食品スーパー大手のライフコーポレーションの担当者は「メーカーの倉庫には商品はあるが、物流網の能力を超えてしまっている」と話す。ライフではアマゾンジャパンの有料会員向けに新宿区など都内7区で展開しているネットスーパーの注文受け付けを28日と29日に一時的に休止する。

外出自粛要請の発表から売り上げが伸び、仕入れを増やして開店準備をするスーパーの店員(28日午前、東京都練馬区のアキダイ関町本店)

外出自粛要請の発表から売り上げが伸び、仕入れを増やして開店準備をするスーパーの店員(28日午前、東京都練馬区のアキダイ関町本店)

都の外出自粛要請を受け、休園した遊園地「としまえん」(28日午前、東京都練馬区)

都の外出自粛要請を受け、休園した遊園地「としまえん」(28日午前、東京都練馬区)

感染拡大防止のため臨時休業した池袋パルコ(28日、東京都豊島区)

感染拡大防止のため臨時休業した池袋パルコ(28日、東京都豊島区)

外出自粛要請の週末も「支援が必要」と、店内飲食を避けてお弁当を手渡す子ども食堂のスタッフ(28日午前、東京都豊島区)

外出自粛要請の週末も「支援が必要」と、店内飲食を避けてお弁当を手渡す子ども食堂のスタッフ(28日午前、東京都豊島区)

新型コロナウイルス対策を訴える小池都知事を映し出す街頭の大型モニター(28日、東京都渋谷区)

新型コロナウイルス対策を訴える小池都知事を映し出す街頭の大型モニター(28日、東京都渋谷区)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]