自衛隊に災害派遣命令 新型コロナ、成田で検疫支援

2020/3/28 10:15
保存
共有
印刷
その他

河野太郎防衛相は28日午前、新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、自衛隊に災害派遣命令を出した。今週末に海外からの帰国便が相次ぐと想定し、成田空港に医官や看護官を派遣して検疫作業にあたらせる。PCR検査を受けた帰国者は結果が出るまで停留する必要がある。成田、羽田両空港から滞在施設までの輸送も自衛隊が担う。

災害派遣は都道府県知事からの要請が前提となるが、水際対策の強化に緊急性を要すると判断し、自主派遣とした。自衛隊はクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」などで活動するため、1月31日に災害派遣命令が発出され今月16日にいったん撤収していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]