横須賀の空母でも感染者 米軍、基地封鎖と報道

2020/3/28 6:28
保存
共有
印刷
その他

米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)に配備されている原子力空母ロナルド・レーガンの乗組員2人が新型コロナウイルスに感染したことが確認され、米軍は横須賀基地を封鎖した。FOXニュースが27日、米軍当局者の話として伝えた。

米海軍横須賀基地に配備されている原子力空母ロナルド・レーガン=ロイター

ロナルド・レーガンは横須賀基地に入港中で、基地は少なくとも29日まで封鎖される見込み。

同基地は27日、所属する海軍兵2人が新型ウイルスに感染したと発表した。FOXが報じた2人と同じかどうかは不明。在日米軍は26日にも、15日に米国から戻った同基地所属の男性軍人1人の感染が分かったと発表している。

米海軍では、インド太平洋地域を航行中の空母セオドア・ルーズベルトでも感染者が出ている。FOXによると、同空母は既に米領グアムに到着。艦内の感染者は少なくとも30人に達したという。

(共同)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]