カナダ、中小企業へ賃金助成 最大75% 新型コロナで

2020/3/28 1:21
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=高橋そら】カナダのトルドー首相は27日、新型コロナウイルスの拡大で打撃を受けた中小企業向けに新たな支援策を発表した。賃金の最大75%を政府が負担するほか、1年間の無利子ローンを提供する。従業員の解雇による失業率の上昇を抑えるのがねらいだ。

記者会見するトルドー首相=ロイター

トルドー氏は記者会見で「新型コロナが原因で企業活動が減速または停止しても、人々は引き続き給与を受け取ることができる」と強調した。中小向けに最大75%の賃金助成金を支給する。

新型コロナの影響を受けて経営が悪化した中小の資金繰りを支え、解雇を防ぐほか、レイオフ(一時帰休)した従業員の再雇用を促す。恩恵を受ける企業数など詳細は説明しなかった。

中小の運転資金確保のため、政府系銀行を通じて125億カナダドル(約9600億円)を追加支援する。外出する人が減ったことで悪影響を受けている外食店や小売店など向けに1年間無利子のローンも用意する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]