シード、コンタクトレンズの販路で眼鏡型端末を販売

2020/3/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コンタクトレンズ大手のシードは半導体レーザー技術スタートアップのQDレーザ(川崎市)が開発した眼鏡型ウエアラブル端末の販売を始めた。映像を網膜に直接映すことで、眼精疲労の原因となるピント調節を行わずに映像を見ることができる。企業向けに提供していたが、シードがもつ消費者向けのコンタクトレンズや眼鏡の販売網を活用し、新たな顧客を開拓する。

シードが販売する端末「レティッサ・ディスプレー2」は網膜に直…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]