身柄拘束の刑事罰も タイの個人情報保護法、5月本格適用

2020/3/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

タイの個人情報保護法が5月27日に本格的に適用される。2018年5月に施行された欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)の影響を強く受け、厳しい保護を求めている。現地の責任者が身柄拘束される刑事罰の規定があり、進出する日本企業も注意が必要だ。

同法は19年5月に施行され、主な規制は1年間の猶予期間があった。成立の過程では一度異なる内容で内閣の承認を得たものの、GDPRと同様の規定を多く盛…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]