20年度予算成立後も切れ目なく 異例の4月補正へ

2020/3/27 22:21
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

一般会計の歳出総額が過去最大の102.7兆円の2020年度予算が27日、成立した。19年10月の消費増税などによる景気腰折れを防ぐ対策を盛り込んだが、足元では年末の予算編成時に想定していなかった新型コロナウイルスの感染拡大で経済環境は激変した。政府・与党は新年度早々から切れ目ない対策を新たにまとめ、家計と企業の下支えに力を注ぐ。

麻生太郎財務相は予算成立後の記者会見で「早期に執行できるよう万全を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]