非正規の手当・賃上げ模索 4月から同一労働同一賃金

働き方改革
2020/3/27 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

正社員と非正規社員の不合理な待遇差を禁じた「同一労働同一賃金」の適用開始が4月に迫り、大企業が対応に追われている。非正規社員に正社員と同額の手当の支給や賃上げなどを決める企業が相次ぐが、対応が決まらない企業も少なくない。非正規社員の働きがいを高めることで、生産性向上や消費の押し上げ効果が期待できる一方、企業の人件費負担が大きくなる可能性もある。

同一労働同一賃金は働き方改革関連法の施行に伴い、大…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]