中国、財政出動を拡大へ 13年ぶり特別国債発行も

2020/3/27 21:10
保存
共有
印刷
その他

19年にGDP比で2.8%だった財政赤字の比率を引き上げる=ロイター

19年にGDP比で2.8%だった財政赤字の比率を引き上げる=ロイター

【北京=原田逸策】中国共産党は27日、中央政治局会議を開き、新型コロナウイルスによる経済への打撃に対応するため、財政出動を拡大する方針を決めた。財政赤字の国内総生産(GDP)に占める比率を上げるほか、2007年以来13年ぶりに特別国債を発行する方針も決めた。

国営新華社が伝えた。会議は「マクロ経済政策の調節の強度を強める」と指摘した。具体的には19年にGDP比で2.8%だった財政赤字の比率を引き上げる。市場では3%を大幅に上回るとの見方がある。大規模減税など追加の財政出動余地をつくるねらいだ。

財政赤字の比率を上げたうえで特別国債も発行する。特別国債は赤字率には算入されないため、財政出動を拡大しやすい。過去には大手銀行に公的資金を注入するためなどに2度発行したことがある。道路や空港の建設にあてるインフラ債の発行も拡大する。いずれも4月に開くとみられる全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で決める方向だ。

財政だけでなく金融政策も緩和する。会議は「貸出金利の下げを誘導し、流動性を合理的で十分な水準にする」とした。中国政府は経営が悪化した中小企業の金融支援を強めており、今後は15年から据え置いている預金の基準金利などの引き下げが検討課題になるとみられる。

中国は例年3月5日に全人代を開き、財政や金融政策を正式に決めるが、今年は新型コロナの影響で延期した。新型コロナが中国経済に与える打撃は大きく、4月下旬にも開くとされる全人代では大規模な経済対策を決める方向とみられる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日経クロストレンド