打ち上げで同僚たたいた教諭を減給 福岡市教委

2020/3/27 20:05
保存
共有
印刷
その他

福岡市教育委員会は27日、運動会の打ち上げで飲酒し、同僚の胸ぐらをつかんで頬をたたいたとして、同市博多区の市立小の男性教諭(41)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とした。市教委によると、2019年7月に暴行罪で福岡簡裁が罰金10万円の略式命令を出した。

男性教諭は17年5月28日、運動会の打ち上げで飲酒した際「担任を変えてやる」などと厳しい言葉で同僚を非難。ショックで立ち上がれなくなった同僚を立たせようと、胸ぐらをつかみ、左頬を平手打ちしたという。

他に、生徒への体罰で市立高の男性教諭(24)を、生徒の氏名など個人情報が入ったUSBメモリーを紛失したとして同市南区の市立中の男性教諭(35)をいずれも戒告処分とした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]