/

この記事は会員限定です

広島の飲食店「かつてない危機」 団体客消える

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が、広島県内の飲食店の経営を追い詰めている。2月下旬以降、外出や宴席の自粛の流れが強まり、団体予約がほぼ消え、夜の来店客も急減する。飲食店の業界団体によると、売り上げは約4割減という。店の経営者は「かつてなかった危機」と日増しに焦りを強めている。

「店を始めて30年近いがこんなにお客さんがこない状況は初めて。最大のピンチ」。広島市のスナックの店主は嘆く。本来、送別会シ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1208文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン