/

政投銀、ひびき精機に融資 工場のIT化など

日本政策投資銀行は27日、精密加工のひびき精機(山口県下関市)に対して1億円の融資を実行したと発表した。同社は半導体製造装置や航空機の部品製造などを手掛けており、調達した資金は航空宇宙分野の強化や工場のデジタル化などに充てる。

融資は政投銀の「地域元気プログラム」に基づく。同プログラムは地域ごとに設定されたテーマをもとに、独自の強みを生かした企業の成長を金融支援で後押しする制度だ。ひびき精機がこれまで培ってきた技術やノウハウを、新たなものづくりの領域で生かそうとする姿勢を評価した。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン