/

この記事は会員限定です

ANA、1000億円の資金調達へ 7行の協調融資で

[有料会員限定]

ANAホールディングス(HD)が、3メガバンクなど7行から約1000億円の借り入れを検討していることが分かった。毎年6月ごろに500億円前後を借り換えているが、新型コロナウイルスの感染拡大で業績に影響が出ているため、4月に前倒しして借入額も2倍に増やす。今後も追加の資金調達を検討し、手元資金を手厚くする。

調達資金は運休中の人件費や航空券の無償払い戻しなどに充てる。ANAHDの2019年12月末の現預金は1268億円、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り571文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン