米巨額コロナ対策、FRBの変身にリーマン危機の教訓
編集委員 西村博之

西村 博之
Nikkei Views
編集委員
2020/3/28 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

その変身ぶりに誰もが驚いた。危機モードへと一気にギアを切り替えたパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長のことだ。新型コロナウイルスの感染拡大を受け米議会が27日に成立させた史上最大の経済対策も、その中核部分を先導したのはFRB。素早い動きの背後には2008年のリーマン危機の教訓がある。

「彼は本当に頑張った。よくやったと電話でねぎらったよ」。トランプ大統領は23日、満足げにそう語った。

米中貿易…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]