/

この記事は会員限定です

米国で財政ファイナンスの足音 (シグナル)

米州総局 後藤達也

[有料会員限定]

米国債は世界で唯一無二の資産とされてきた。基軸通貨ドルを持つ経済大国が出す債券で、発行残高は19兆ドル(約2080兆円)。世界中の政府や投資家が保有し、取引も巨大だ。債務不履行のリスクは低く、いつでも売買できる抜群の流動性があった。だが3月に入り、その安全神話が揺らぎ始めた。

象徴的なのが30年物国債だ。2月末に1.66%だった利回りは3月9日に0.70%へと急低下。それが19日には1.9%台に急...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り931文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン