リニア静岡工区 有識者会議の4月中旬開催を提案 国交省、県に

2020/3/27 18:15
保存
共有
印刷
その他

国土交通省の江口秀二技術審議官は27日、静岡県の難波喬司副知事を県庁に訪ね、リニア中央新幹線の静岡工区に関する有識者会議を4月中旬をメドに開催することを提案した。県が難色を示している委員候補については、委員から除外を検討すると伝えた。県は委員候補を公募して提案する予定で、開催時期については来週中に国交省に回答する。

有識者会議についての回答書を難波喬司副知事(右)に手渡す国交省の江口秀二技術審議官(27日、静岡県庁)

国交省は県への回答書で、「スケジュール感を(県と)共有しつつ議論を行っていくことが必要」として、4月中旬に初会合を開くことを提案した。県は公募を通じた委員の候補者を4月中旬に国交省に推薦する予定で、難波副知事は「(推薦と重なる)微妙な時期」として即答を避け、来週に回答すると答えた。

県が難色を示していた委員候補者は静岡工区の工事を受注した企業の社外監査役を務めていて、川勝平太知事は「中立性に疑念がある」としていた。国交省は「中立公正性に問題がない」としながらも、「委員ではない別の立場」で会議に関与することを検討すると回答した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]