旧宗主国の謝罪 内省促す可能性 M・バティキオティス氏
人道対話センター アジア地域ディレクター

飯野 克彦
Asiaを読む
編集委員
2020/3/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

オランダのウィレム・アレクサンダー国王は10日、インドネシアを訪問した。旧宗主国の国王として、1945~49年に起きたインドネシアの独立戦争時の暴力行為について、謝罪した。独立戦争は、オランダが、日本軍に占領された旧オランダ領東インド(現インドネシア)を再植民地化しようとしたのがきっかけで勃発した。

国王の謝罪により、欧米やアジアの列強が当時の植民地で強行した、残虐行為の説明責任を問う動きが進む…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]