最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,758.09 +62.35
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
22,680 -80

[PR]

業績ニュース

リコー、追加の株主還元1000億円 21年3月期にも

2020/3/27 20:30
保存
共有
印刷
その他

リコーは27日、2021年3月期にも通常の配当などとは別に、最大1000億円の株主還元を実施すると発表した。過去最大の最終赤字を計上した18年3月期から人員削減などの構造改革により、現金創出力が回復してきたため。具体的な方法は自社株買いを軸に、今後詰める。

リコーは同日、20年3月期までの中期経営計画を総括する説明会を開いた。当初は次期中計の発表を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大で業績が見通しづらいため内容を変更した。

山下良則社長は現行の中計を振り返り「事務機事業の収益性改善や資産見直しでキャッシュ創出力が大幅に向上した」と説明。成果を株主に還元するとした。

リコーは現行の中計で配当性向の目安を30%としている。次期の中計では配当と自社株買いの総額を純利益で割った総還元性向の目安を打ち出す方針。最大1000億円の株主還元は、基本方針に上乗せする位置づけとなる。

山下社長は次期中計の方向性にも触れ「自己資本利益率(ROE)9%以上を目指す」と話した。19年3月期のROEは5.4%だった。新型コロナウイルスの今期業績への影響については「欧米で事務機を納品できない例が出ているが、現時点では(20年3月期の)連結営業利益予想1000億円の達成は見通せている」とした。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム