/

この記事は会員限定です

がんゲノム医療、条件緩和で検査対象拡大へ

[有料会員限定]

遺伝子の変化を調べて効く薬を探す「がんゲノム医療」の対象患者を増やす取り組みが進む。2019年に遺伝子検査が保険適用されたが、実際に検査した人数は当初想定に届かない見込みだ。標準的な治療を終えた後といった条件を緩め、治療に役立つ患者を増やそうとしている。

3月11日、日本臨床腫瘍学会、日本癌治療学会、日本癌学会は合同で、がんゲノム医療の指針(ガイダンス)の改訂案を公表した。これをもとに各学会が、保...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1103文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン