関東自動車、成田空港行きバス大幅減便

2020/3/27 17:46
保存
共有
印刷
その他

関東自動車(宇都宮市)は27日、新型コロナウイルスの感染拡大で乗客が減少していた成田空港行きの高速バスを4月4日から大幅減便すると発表した。JR宇都宮駅を経由する路線は8便から4便に半減し、JR桐生駅発着は4便から2便、JR太田駅発着は6便から2便にそれぞれ減らす。早期の需要回復が見込めないことから、減便期間は未定としている。

成田空港と栃木、群馬の主要駅を結ぶ高速バスは千葉交通との共同運行。訪日外国人客の増加で利用が順調に伸びていたが、足元では新型コロナの影響で成田空港発着の国際線は運休が相次いだうえ、各国の渡航規制で訪日客のバス利用が大きく落ち込んだ。

3路線は27日に減便したばかりだが、早期の需要回復は難しいとみて、一層の減便に踏み切ることにした。JR宇都宮駅とJR水戸駅を結ぶ高速バスはすでに全便が運休している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]