那覇第2滑走路と辺野古、節目迎えた「アメとムチ」
基地のある島 沖縄の風景

2020/3/27 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

沖縄県で26日、2つの巨大事業が節目を迎えた。米軍普天間基地の名護市辺野古への移設工事と那覇空港第2滑走路の建設だ。辺野古では埋め立て承認を巡る訴訟で、県の敗訴が確定。一方、経済界が悲願とした第2滑走路は当初の予定を前倒して運用が始まった。同時並行で進められた「アメとムチ」の政策に翻弄され続けた住民の疲弊は一段と色濃くなっている。

「国と地方のあり方に禍根を残す。県民の民意を無視し工事を強行する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]