/

アシックス、インドの健康測定サービス会社に出資

アシックスは27日、投資子会社を通じてインドの健康測定サービスのスタートアップ、パルス・アクティブ・ステーションズ・ネットワークに出資したと発表した。出資額は非公表。アシックスは東南アジアやインドなど成長市場の拡大を掲げており、健康志向の高い顧客との接点拡大を目指す。 

パルス・アクティブ・ステーションズ・ネットワークは2018年設立。健康診断を受けられない人が多く社会課題となっているインドで、自社で開発した健康測定機器を設置する事業を展開する。体組成や血糖値、血圧などを計測できる機器を駅構内や商業施設などに150台設置している。50インドルピー(約70円)で利用できる。

アシックスはインドの健康志向の高い層に自社商品の提案などをできる可能性があるとみて、今後、具体的な協業内容を協議する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン