トヨタ自動車東日本、新型「ヤリス」生産開始式典

2020/3/27 17:08
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車東日本(TMEJ、宮城県大衡村)は27日、岩手工場(岩手県金ケ崎町)で新型コンパクトカー「ヤリス」の生産開始を記念した式典「ラインオフ式」を開いた。岩手県の達増拓也知事は「岩手にとって特別な日。地域を挙げて応援する」と歓迎した。

式典に出席したトヨタ自動車の豊田社長(左)と岩手県の達増知事(27日、トヨタ自動車東日本岩手工場)

国内ではこれまで「ヴィッツ」のブランド名で展開してきたが、海外ブランドのヤリスに統一。岩手工場ですでに生産を始めている。27日の式典ではヤリスを地元に披露し、達増知事や東北経済産業局の相楽希美局長が出席した。

トヨタ自動車の豊田章男社長は「ヤリスは自分の愛車。ものづくりを通して東北に貢献していく」とあいさつした。東日本大震災の被災地を訪れた当時を振り返り、「仕入れ先も東北でものづくりを進めてくれている。一過性でない復興は実現できている」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]