旧ユーゴの名匠が新作「世界一貧しい大統領」への共感

カバーストーリー
2020/3/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

民族や宗教対立で故郷の旧ユーゴスラビアが引き裂かれた経験を持つ名匠エミール・クストリッツァ監督(65)。新作は「世界でいちばん貧しい大統領」のドキュメンタリーだ。その思いとは。

公開中の映画「世界でいちばん貧しい大統領」の主人公は、南米ウルグアイの第40代大統領ホセ・ムヒカ氏(2010~15年在任)だ。12年、国連の持続可能な開発会議で消費至上主義に警鐘を鳴らし「私たちは発展のためではなく、幸せ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]