資産形成、生涯プラン前提に 伊藤宏一氏
千葉商科大学教授(人間社会学)

私見卓見
2020/3/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

金融庁のいわゆる老後資金2千万円報告書をきっかけに、資産形成への関心が高まっている。年功序列賃金や終身雇用の崩壊、人生100年の時代に資産形成という課題に立ち向かうことは重要だ。一方、具体的にどう資産形成に取り組めばいいのかについては十分に理解されていない。

資産形成を考える際にまず大事なのが、生涯にわたるファイナンシャルプランの作成だ。将来のライフイベントや必要な資金額を予測し、キャッシュフロ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]